学校案内

本校について

概要

名称 学校法人智香寺学園 正智深谷高等学校
所在地 〒366-0801 埼玉県深谷市上野台369番地
TEL/FAX [事務室] TEL.048-571-1065/FAX.048-573-0944
[入試広報] TEL.048-571-6032/FAX.048-571-2268
学校長 加藤 慎也
理事長 松川聖業

建学の精神と校訓

「選ぶこと」そして「打ち込むこと」

本校の建学の精神は、浄土宗の開祖法然上人の教えに基づいています。校訓に掲げる「選択」と「専修」を行動として示すことは、簡単なことではありません。正しいことを選びとるために、様々なことにチャレンジし、多くの経験をして欲しい。そして、本気で打ち込めるものを見つけて欲しい。こうした願いが校訓に込められています。

「選択」「専修」

校章の由来

本校の校章の図柄は、徳川家の三葉葵の家紋に高等学校の高の字を重ね合わせたものです。三葉葵が校章の基盤になっている理由は、本学園と関係の深い智香寺の家紋が三葉葵であることによります。智香寺は徳川家康公の生母「於大の方」を荼毘に付した地であり、徳川家と大変縁の深い寺院です。於大の方の法名に伝通院殿蓉誉光岳智香大禅定尼とあることからも窺い知ることができます。
なお、三葉葵の三つの葉には、それぞれに本校の建学の精神である優しさ、勇気、強さの三つの教育理念が重ね合わさっております。

校章

宗歌の由来

宗歌「月影」

宗歌「月影」は法然上人の御歌であり、この歌は念仏の心を読んだ万人への教えで、次の意味があります。

現代語訳:「月の光が届かない人里などないのですが、月を眺める人の心の中にこそ月(月の影)は、はっきりと存在してくるのです。」
月の光は阿弥陀仏の救いのことで、それが届かない里はありません。すべての里に届きます。したがって、阿弥陀様の救いは万人を対象としています。ただし、目で見て認識しない限り月はないも同然です。見ようとすることによって月は存在するのです。見れば必ず見る人の心に届くものです。見さえすればよいのです。(念仏さえすればよい)。

訳:月の光はいつでもだれのもとにもとどいている。しかし見なければ気づかない。見上げて眺めさえすれば月は心の中にある。

学校の歩み

1952年(昭和27年)08月27日
祥苑編物技芸学院 設立
1955年(昭和30年)11月30日
学校法人祥苑学園 深谷高等家政女学校 創立
1957年(昭和32年)05月06日
学校法人祥苑学園 桜ヶ丘女子高等学校と改称
1975年(昭和50年)04月01日
桜ヶ丘高等学校と改称し、男女共学となる
1976年(昭和51年)04月01日
学校法人祥苑学園 埼玉工業大学深谷高等学校と改称
2000年(平成12年)12月07日
学校法人智香寺学園と合併し、学校法人智香寺学園 埼玉工業大学深谷高等学校となる
2002年(平成14年)08月
新校舎(5号館)完成
2003年(平成15年)04月
学校法人智香寺学園 正智深谷高等学校と改称
2012年(平成24年)08月27日
創立60周年を迎える
2014年(平成26年)03月
第一期耐震リニューアル工事完了
2015年(平成27年)03月
第二期耐震リニューアル工事完了
学校案内